「おいしい」目線で考える福利厚生マガジン|びずめしプラス

【大阪編】一般の人も利用できる社員食堂まとめ7選【2021年版】

福利厚生の一環として企業や団体が運営する社員向けの食堂「社員食堂」。バランスの取れた食事がリーズナブルに味わえること、社員同士のコミュニケーション促進の場として、福利厚生として人気があります。魅力ある社員食堂は、運営会社にとってブランディングにも繋がります。

今回は食い倒れの街、大阪にスポットを当てて紹介します。おしゃれなカフェのような食堂から、安さが魅力のザ・社員食堂まで個性あふれる大阪の社員食堂にぜひ足を運んでみてください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。詳細は公式HPでご確認ください。

一般の人も利用できる社員食堂

大阪市内、枚方市にある一般開放されている社員食堂を7つご紹介します。

ヤンマー「Premium Marche OSAKA」

出典:「Premium Marche OSAKA」公式サイト

梅田駅から徒歩5分。梅田の中心地にある発動機、農機具などを手がける大手メーカー・ヤンマー本社ビル。最上階にある社員食堂「Premium Marche OSAKA(プレミアムマルシェ大阪)」を週末ランチ限定で一般開放しています。「食と自然と人とをつなぐ」をコンセプトに、解放感あふれる空間で食事を楽しむことができます。

出典:「Premium Marche OSAKA」公式サイト

トラクターなど農耕機を通じて、食の生産に関わりをもってきたヤンマー。プレミアムマルシェが選ぶ、生産者の想いが詰まった旬の食材を一汁三菜プレートとして提供している。メニューは、肉または魚のメインを選べるランチセット、カレーの3種類。すべて1,100円(税込)、フリードリンク付き。食券制なのが社員食堂らしいものの、屋上庭園にはミツバチの巣箱が置かれ、居心地も眺望も良い空間でのランチタイムが楽しめるとあって人気。

店舗   ヤンマー「Premium Marche OSAKA」
住所大阪市北区茶屋町1-32 ヤンマー本社ビル「YANMAR FLYING-Y BUILDING」12階
営業時間毎週土曜日、日曜日 11:00~15:00( L.O. 14:30)
※週末ランチ限定で一般利用可能
2021.8.20現在、コロナウイルス対応のため一時休業中

大阪府「大阪府庁食堂」

大阪城の西側にある、大阪府庁本館。1926年に竣工された本館は、レトロなビルで全国の47都道府県の中でもっとも古い庁舎なのだそう。その地下にあるのが、大阪府庁食堂。平日のみ、11:00~営業している。

日替わり定食、日替わり丼ほか麺類がいただける。名物メニューは「大阪府庁ライス」590円(税込)。サラダ付きでこのお値段! オムライスにジューシーなチキンカツをトッピング、デミグラスソースがかけられていて、ボリューム満点。職員さんたちが利用されるコアタイム(12:00~12:30)を避けての利用がおすすめです。

店舗大阪府「大阪府庁食堂」
住所大阪府大阪市中央区大手前2-1 大阪府庁本館地下
営業時間【平日】11:00~15:00
【定休日】土日祝

萬栄 (マンエイ)「本館8階食堂」

出典:「萬栄」公式サイト

大阪・船場といえば、多くの問屋が軒を並べる商業の中心地。本町駅に沿って1キロにもわたる船場センタービルには、約800もの店舗が入り、小売りにも対応しているお店多いため、多くの人でにぎわうエリアです。船場の卸問屋でも、品揃えに加え、食堂で買い物客の胃袋を満たしてきたのが、卸問屋・萬栄の食堂です。

本館8階の食堂では、オリジナルのだしを使い、ふわふわのスフレを乗せた「萬栄うどん」400円(税込)や鶏チャーシューがヘルシーな「和ラーメン」400円(税込)のほか、「おろしハンバーグ定食」600円(税込)などがリーズナブルな価格で味わえる。食堂のほか、カフェもあります。

*萬栄は会員制の問屋のため、入店には会員証、または会員の同伴が必要です
店舗萬栄 (マンエイ)「本館8階食堂」
住所大阪市中央区南久宝寺町3-3-11
営業時間10:30~15:00
【定休日】 木曜日 ※詳しくは営業カレンダーを参照ください

ダイビル「新ダイビル カフェテリア」

出典:「新ダイビルカフェテリア」公式サイト

大阪のオフィス街、堂島浜にある新ダイビル。旧「新ダイビル」解体後に2015年に建て替えられた地上31階のオフィスビルです。解体された旧ビルの屋上樹苑を活かした、約1,000坪の緑あふれる杜に囲まれたランドマークとなっています。

ビル内のカフェテリアは、一般にも開放されており、日替わりのランチが2種類、ともに690円(税込)のほか、カレーライス、かけうどん、そば、おにぎりなどが提供されています。イベントランチとして「メガシリーズ」、「気合いを入れて作った特別メニュー」、「カラダメンテナンスメニュー」など、お得で身体にも良いメニューに工夫があります。利用は指定のICカードによるチャージ式キャッシュレス決済で、カードは系列の「中之島ダイビル カフェテリア」「ダイビル本館カフェテリア」で使うことができます。

出典:「新ダイビルカフェテリア」公式サイト
店舗新ダイビル カフェテリア
住所大阪府大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル 4F
営業時間11:30~14:00(L.O.13:30)
【定休日】 土日祝

毎日新聞社「まいてりあ」 

出典:毎日新聞社公式Twitter

西梅田にある毎日新聞社大阪本社。9階にある社員食堂「まいてりあ」は、24時間体制で誌面づくりに励む社員を支える存在とあって、夜間の営業も行う心強い存在。一般の利用も可能となっています。定食は2種類、各590円(税込)。

社員食堂といえば、栄養バランスに重きを置いた定食や丼、麺類がイメージされますが、こちらはメニューにこだわりの感じられる食堂で、限定メニューとしてご当地もの(河北かつ丼、大勝軒のラーメン、熊本黒豚骨ラーメン)や年末には年越しそば、夏にはうなぎなど季節性もあり、頻繁に利用しても飽きがこないような目新しさも大事に運営されています。

出典: 毎日新聞社公式Twitter
店舗毎日新聞社「まいてりあ」
住所大阪府大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞大阪本社 9F
営業時間【昼】11:00~15:00 【夜】16:20~21:30
【定休日】 社休(新聞休刊日前日)

グレイトティーチャー「社員食堂 ゆにわ」

出典:社員食堂ゆにわFacebook

枚方市樟葉(くずは)にある「社員食堂ゆにわ」は、もともと学習塾の運営などを手がけるグレートティーチャー株式会社のスタッフと学習塾に通う学生のための食堂としてスタート。その後、食堂の存在を知った人たちからのリクエストにより一般開放された経緯のあるお店です。

飲食店も複数運営する同社。厳選した食材、化学調味料、添加物などは一切不使用で手作りにこだわっています。メニューは基本的に「日替わり定食」1,000円のみ。明るい雰囲気の中で、体に優しい健康的なお料理がいただけます。

出典:社員食堂ゆにわFacebook
店舗グレイトティーチャー「社員食堂 ゆにわ」
住所大阪府枚方市楠葉朝日3丁目10-27 1F
営業時間ランチ12:00〜14:00 ディナー18:00〜20:00 (L.O.30分前まで)
【定休日】 不定休

吉泉産業「吉泉食堂」

出典:吉泉食堂Facebook

枚方市津田山、関西学研都市津田サイエンスヒルズ内にある企業「吉泉産業」は、フードスライサーのメーカー。なんと国内シェア4割という技術力の高い企業です。本社敷地内で運営する社員食堂「吉泉食堂」は一般にも開放されています。

メニューは日替わりランチ600円(税込)というお手頃さ。FacebookとInstagramでメニューを配信しており、どれも彩り鮮やかで食欲をそそります。栄養士がメニューを考えているので栄養バランスは申し分なし。料理は、割烹料理で腕を磨いた専属シェフが手がけています。

店舗吉泉食堂
住所大阪府枚方市津田山手2-3 津田サイエンスヒルズ津田サイエンスコア
営業時間12:00~14:00
【定休日】 土日
※2021年8月19日より新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受け、当面一般利用者の受け入れを一時中止

まとめ

大阪市内の一般の人も利用できる社員食堂をご紹介しました。お好み焼き、たこ焼きなど、独自の粉もん文化を育んできた街、大阪。社員食堂にも、限定メニューや名物メニューなど特徴があります。そしてなんといってもリーズナブルなのが嬉しい。ランチの選択肢として、社食めぐりをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

【九州編】一般の人も利用できる社員食堂まとめ5選【2021年版】

【東京編】一般の人も利用できる社員食堂まとめ7選【2021年版】

この記事をシェアする