「おいしい」目線で考える福利厚生マガジン|びずめしプラス

働き方改革が進む会社の健康経営:健康経営優良法人の達成方法

働き方改革と健康経営は、現代の企業が直面する重要な課題を解決するための有力な手段です。働き方改革は、労働人口の減少や長時間労働の是正、ワークライフバランスの向上を目的とし、健康経営は従業員の健康管理を経営戦略として取り組むものです。この二つが組み合わさることで、従業員の満足度向上と企業の競争力強化という相乗効果が期待されます。

例えば、フレックスタイム制度やテレワークの導入により、従業員の通勤負担が軽減され、心身の健康が保たれやすくなります。また、定期健康診断やメンタルヘルス対策を積極的に行うことで、早期の病気予防やストレス軽減が可能となります。これにより、従業員が仕事に集中しやすくなり、生産性も向上するのです。

さらに、健康経営優良法人の認定を目指すことは、企業にとって大きなメリットがあります。企業イメージの向上や優秀な人材の確保、従業員の定着率向上など、様々な利点が得られます。健康経営を実践することで、企業は持続可能な成長を遂げ、社会的な評価も高まるでしょう。

働き方改革と健康経営の取り組みを通じて、企業は従業員の健康と働きやすい環境を提供し、結果として全体のパフォーマンスを向上させることができます。これからの企業は、この二つの施策をうまく組み合わせ、従業員と共に健全な成長を目指すことが求められます。

Contents

働き方改革と健康経営の関係

働き方改革とは

働き方改革の背景

働き方改革は、労働人口の減少や長時間労働の是正、ワークライフバランスの向上を目的として導入された政策です。特に少子高齢化が進む日本では、多様な働き方が求められることが背景にあります。また、従業員の健康とモチベーションを維持するためにも、働き方改革は重要な施策となっています。企業は競争力を維持するためにも、柔軟な働き方を提供し続ける必要があります。

働き方改革の具体的な取り組み

  • 残業時間の制限
  • フレックスタイム制度の導入
  • テレワークの推進
  • 副業・兼業の解禁
  • 有給休暇の取得促進
  • 労働環境の改善
  • キャリアアップ支援

健康経営とは

健康経営の定義

健康経営とは、企業が従業員の健康管理を重要な経営課題と捉え、戦略的に取り組むことです。健康な従業員が増えることで、企業の生産性や活力が向上し、持続可能な成長が期待できます。企業は、従業員の健康状態を把握し、健康管理を行うことで、労働力の質を高めることができます。そのため、健康経営は単に従業員の健康を守るだけでなく、ビジネス戦略の一環として実施されます。

健康経営の目的

  • 従業員の健康維持・増進
  • 病気予防と早期治療
  • 職場環境の改善
  • 企業の生産性向上
  • 企業イメージの向上
  • 働きやすい職場づくり

働き方改革と健康経営のシナジー効果

従業員満足度の向上

働き方改革と健康経営が相互に作用することで、従業員の仕事に対する満足度が向上します。従業員の健康が保たれ、仕事と生活のバランスがとれることで、ストレスが軽減されるためです。具体例として、テレワークの導入により通勤時間が削減され、従業員の心身への負担が軽減されます。これにより、従業員は仕事に集中しやすくなり、成果を上げやすくなります。

企業の競争力強化

従業員が健康で働きやすい環境を整えることで、企業の競争力も強化されます。優秀な人材が定着し、新しいアイデアやイノベーションが生まれやすくなるからです。加えて、企業イメージが向上し、採用活動にもプラスの影響を与えることが期待できます。健康経営を推進する企業は、労働市場での競争力を高め、優れた人材を引き付けることができるのです。

健康経営優良法人とは

健康経営優良法人の概要

健康経営優良法人とは、経済産業省と日本健康会議が推進する制度で、企業や団体が従業員の健康増進に積極的に取り組み、その成果が認められた場合に認定されるものです。この認定を受けることで、企業は社内外の評価が向上し、人材確保や従業員の定着率向上など様々なメリットを享受できます。

経済産業省と日本健康会議の役割

経済産業省と日本健康会議は、健康経営の普及と発展を目的とし、毎年「健康経営優良法人」の認定を行っています。彼らはガイドラインの策定や研修プログラムの提供を通じて、企業の取り組みを支援しています。また、健診データの分析や統計情報の提供を行い、企業がより高い健康経営レベルを達成するための手助けをしています。

健康経営優良法人の種類

健康経営優良法人には、主に「大規模法人部門」と「中小規模法人部門」の2種類があります。大規模法人部門では、従業員数がおおむね300名以上の企業が対象となり、一方で中小規模法人部門は従業員数が300名未満の企業が対象となります。

さらに、特筆すべきは、それぞれの部門で優秀な取組を行っている企業に対して、ブライト500(大規模法人)やホワイト500(中小規模法人)などの特別な枠組みも設けられています。

認定のメリット

社内外の評価向上

健康経営優良法人に認定されることで、企業は社内外の評価が大きく向上します。従業員にとっては、健康を企業が真剣に考えているというメッセージが伝わり、モチベーションアップにも繋がります。また、社外においては、企業の信頼性やブランド価値が向上し、取引先や顧客からの信頼も深まります。

人材確保と定着率向上

人材市場においても、健康経営優良法人の認定は大きな強みとなります。求職者は、健康的な職場環境を重視する傾向が増えており、認定を受けている企業は優れた職場環境をアピールすることができます。更に、既存の従業員も企業の取り組みに満足し、長期間にわたって働き続ける意欲が高まるため、定着率の向上にも寄与します。

メリット内容
社内外の評価向上企業の信頼性やブランド価値が向上し、従業員のモチベーションもアップ
人材確保健康的な職場環境をアピールできるため、求職者からの評価が高まる
定着率向上従業員満足度の向上により、長期間にわたる働き続ける意欲が高まる

さらに深掘りする対策と施策

具体的な施策の実例

健康経営優良法人として認定を受けるためには、具体的な施策の導入が必要です。たとえば、定期的な健康診断の実施とそのフォローアップ、メンタルヘルスケアの強化、ワークライフバランスの推進、健康増進プログラムの実施が挙げられます。これらの施策は、従業員の健康維持だけでなく、企業の生産性向上にも寄与します。

効果測定と改善のサイクル

導入した施策の効果測定を行い、結果に基づいて改善策を講じることが重要です。定期的なアンケート調査や健康診断データの分析を通じて、従業員の健康状態や満足度を把握します。そして、PDCAサイクルを活用して、計画(Plan)、実行(Do)、評価(Check)、改善(Act)を繰り返し、施策のブラッシュアップを行います。

社内での啓発活動

社内での健康に関する啓発活動も効果的です。健康セミナーやワークショップを開催し、従業員が健康に対する意識を高める機会を提供します。また、社内報やイントラネットを活用して、健康に関する情報を定期的に発信することも重要です。これにより、従業員の皆が健康維持のための知識を深め、日々の生活に取り入れやすくなります。

健康経営優良法人の達成方法

基本的な取り組み方

現状分析と課題の特定

健康経営優良法人を目指すには、まず現状の健康管理の状況を把握することが重要です。労働環境、従業員の健康状態、既存の健康施策などを細かく分析し、それぞれの改善点を特定します。情報収集には、従業員へのアンケートや健康診断結果の集約、労働時間や休暇取得状況などのデータ分析が役立ちます。

これにより、従業員が抱える健康問題や労働環境の課題を明確にし、具体的な改善策を講じるための基盤を形成します。

方針の策定

次に、会社全体の健康経営に関する方針を策定します。企業の経営理念やビジョンに健康経営の視点を組み込み、具体的な目標と、それを達成するためのアクションプランを明確にします。例えば、定期的な健康診断の実施頻度の増加やストレスチェックの導入、カウンセリング窓口の整備など、従業員の健康を保つための具体的な施策を設定します。

それに加え、健康経営に対する取り組みが経営層からも強く支持されていることを示し、全社的な推進力を強化します。

具体的な施策

健康診断とフォローアップ

定期的な健康診断を実施し、その結果を元に適切なフォローアップを行います。特に生活習慣病やメンタルヘルスに関するリスクが高い従業員には早期に対応策を提供し、個別の健康相談を実施する場を設けます。さらに、健診結果に基づく健康指導や再検査の案内を積極的に行い、従業員一人ひとりの健康状態をきめ細かく管理します。これにより、健康管理の精度を高め、疾病の予防と早期発見に努めます。

メンタルヘルスケアの強化

ストレスチェックの実施やカウンセリングサービスの提供など、従業員のメンタルヘルスケアに注力します。特に職場内のコミュニケーションを活性化させ、日常的なストレスを軽減する環境を整備します。複数の専門カウンセラーを配置し、従業員が気軽に相談できる体制を構築します。また、リーダーや幹部社員に対するメンタルヘルス研修を実施し、全社的にストレスの兆候を早期に察知できる体制を整えることが重要です。

ワークライフバランスの推進

柔軟な勤務体制の導入や休暇制度の充実、リモートワークの推進など、従業員のワークライフバランスを考慮した取り組みを実施します。たとえば、フレックスタイム制度や短時間勤務制度の導入を行い、従業員が自分自身の生活リズムに合わせて働ける環境を提供します。これにより、仕事と私生活の調和を図り、従業員満足度を高めると共に、業務の生産性向上を目指します。

健康増進プログラムの実施

運動会や健康セミナーの開催、健康食の提供など、従業員の健康増進を目的としたプログラムを実施します。具体的には、フィットネスクラブの無料利用やオフィス内での簡単なエクササイズイベント、健康的な食事を提供するカフェテリアの運営などがあります。これにより、従業員の健康意識を高めるだけでなく、社内のコミュニケーションを促進し、働きがいのある職場環境を実現します。

評価および改善

定期的なモニタリング

健康経営の取り組みは一度きりではなく、定期的に従業員の健康状態や施策の効果をモニタリングします。例えば、毎月の健康状態のアンケートや定期的な健康診断結果の分析を通じて、施策の効果を可視化します。また、従業員のフィードバックを収集し、それに基づいて施策の修正や追加を行います。これにより、健康経営の具体的な効果を確認し、必要に応じて方向性を見直すことができます。

PDCAサイクルの活用

計画(Plan)、実行(Do)、評価(Check)、改善(Act)のサイクルを適用し、健康経営の施策を持続的に改善します。まず、健康経営の目標を明確にし、そのための具体的な施策やプロジェクトを立案します。次に、それらを実行し、実行後に評価を行います。その評価に基づき改善策を講じ、再度計画を練り直します。このプロセスを繰り返すことで、より効果的な健康管理が可能となり、健康経営優良法人の認定に近づけます。

事例紹介

成功事例

A社の取り組み

A社は、働き方改革と健康経営を効果的に両立させるために、いくつかの画期的な施策を実施しました。まず、フレックスタイム制度の導入によって従業員の柔軟な働き方を促進し、仕事と生活のバランスを取りやすくしました。さらには、リモートワークの推進により、従業員が自宅やカフェなど多様な場所で業務を遂行できる環境を整備しました。

健康管理に関しては、定期的な健康診断の実施とともに、その結果を基にしたフォローアップ体制を整え、従業員の健康維持策を徹底しました。加えて、メンタルヘルスケアの一環として社内カウンセリングを設置し、従業員が気軽に相談できる環境を提供しました。これらの取り組みの結果、従業員満足度が向上し、企業の生産性が顕著に向上しました。

B社の成功要因

B社の成功要因は、従業員の健康管理を企業の経営戦略の一部として位置付けた点にあります。まず、経営トップ自らが健康経営を推進する姿勢を明確に示し、全社的な取り組みをリードしました。特に注目すべきは、健康セミナーやワークショップを定期的に開催し、従業員の生活習慣改善を図った点です。

さらに、従業員の運動習慣の定着を目指して、ジムの利用補助や社内スポーツイベントの開催を通じてサポートしました。また、CSV(Creating Shared Value)活動の一環として、地域社会と連携した健康増進プログラムも推進しました。これにより、従業員の健康意識が向上し、企業全体の生産性向上と離職率の低下に繋がりました。

失敗事例

共通の課題

失敗事例の共通の課題として、多くの企業が経営層のコミットメント不足に悩まされました。働き方改革や健康経営は現場だけではなく、経営トップの理解と協力が不可欠です。しかし、いくつかの企業ではトップが取り組みの重要性を十分に認識せず、形式的な活動に止まってしまいました。

さらに、多くの企業で従業員の意識改革に時間を要する問題や、適切な予算が確保できなかった点も失敗の要因でした。予算不足は、質の高い健康診断やメンタルヘルスケアプログラムの実施を困難にし、取り組みの実効性を低下させました。また、社内コミュニケーションの不足も、従業員の理解と協力を得る妨げとなりました。

改善点

失敗を乗り越えるためには、以下の改善点があります。まず、経営層が率先して取り組みを支援し、明確な方針を示すことが重要です。具体的には、経営トップが直接従業員に向けてメッセージを発信し、取り組みの意義を説明することが求められます。

また、従業員の声を積極的に取り入れ、取り組み内容を定期的に見直すことで、実効性を高めることができます。社内のフィードバックシステムを構築し、定期的なアンケート調査を実施することが有効です。さらに、社内コミュニケーションを強化し、働き方改革と健康経営に関する情報を共有することで、全員が共通の認識を持つことが重要です。特に、イントラネットや社内SNSなどを活用した情報発信が有効です。

まとめ

黒板 まとめ

働き方改革と健康経営は、企業が持続可能な発展を遂げるための重要な要素です。働き方改革により、従業員のワークライフバランスが改善され、仕事への意欲が高まる一方で、健康経営は従業員の健康状態を向上させ、結果として企業全体のパフォーマンス向上に繋がります。特に「健康経営優良法人」の認定を取得することで、企業は内外からの評価が高まり、優秀な人材の確保と定着率の向上が期待されます。

これからの企業は、従業員の健康と働き方の質を共に重視することで、強いシナジー効果を生み出し、一層の競争力を持つことが求められます。今回紹介した取り組みや成功事例を参考に、企業ごとに最適な方法で健康経営を推進し、健全な働き方改革を実現することが必要です。

この記事をシェアする